会社設立のお祝いに胡蝶蘭がおすすめ。その具体的な贈り方をご紹介!

会社設立のお祝いには胡蝶蘭がおすすめです!今回は、会社設立の祝いで胡蝶蘭を贈る時の重要な点や、どうして胡蝶蘭が最適なのかをご説明します。是非、会社設立のお祝いを贈らなくてはいけなくなった方などはチェックして下さい。

会社設立のお祝いに胡蝶蘭が最適な理由

まず、会社設立のお祝いに胡蝶蘭が最適な理由の一つとしては花言葉が挙げられます。胡蝶蘭には「幸運が飛んで来る」と言う花言葉があるので、会社を設立して経営をスタートさせる時にもピッタリなのです。会社を設立すると言う一大事の時なので、幸運が欲しいと思っていても不思議ではないと思います。

また、会社設立のお祝いに贈るに当たって、胡蝶蘭の花粉や匂いが分かりにくいのもポイントでしょう。会社設立のお祝いを贈る方自らが望んだ場合は別ですが、美しい花であっても花粉の量や匂いが甚だしい物だと贈った相手に嫌がらせてしまう可能性もあるのです。

更に、胡蝶蘭の花自体も綺麗で品があるのもポイントです。胡蝶蘭は色々な人達にその外見を好まれていて、大事な機会でプレゼント用にと選ばれるのも珍しくありません。ただ、品質の良くない胡蝶蘭を販売されているなんて場合はあるので注意して下さい。

会社設立のお祝いの胡蝶蘭の贈り方

会社設立のお祝いの胡蝶蘭を購入する先はしっかり選ぶのが大事です。事前にきちんと品質のいい胡蝶蘭を販売しているお店かどうかを確認しておきましょう。実際にお店で販売している胡蝶蘭を観察してみたり、そのお店では胡蝶蘭の関係で何か受賞経験はないかなどをチェックしておくといいです。

また、会社設立祝いに贈る胡蝶蘭の大きさも大事なポイントです。例えば、相手が設立した会社に胡蝶蘭を飾る事を希望されているのであれば、それに見合う大きさの物を選ぶといいでしょう。どれぐらいの大きさが良いか分からないのなら、本人に聞いてみるのも良いかも知れません。胡蝶蘭の贈り方についてはこちらの【 胡蝶蘭ギフトの贈り方 】を見るとわかりやすいです。

会社設立のお祝いの胡蝶蘭の相場

まず、会社設立のお祝いを取引先に贈るのなら、1万円から5万円位が相場でしょう。身内に会社設立のお祝いに胡蝶蘭を贈るのなら1万円から5万円で、友達に贈るのなら5千円から2万円位が相場となっているようです。

このような相場を確認しておく事は、会社設立のお祝いで胡蝶蘭を贈る時に重要なのです。

・会社設立のお祝いを贈るタイミング

会社が設立される日の1週間前から前日や当日頃までのタイミングで贈られる事があります。ただ、会社設立の直前の頃は先方が多忙である事態や、お休みだったなどの理由で贈り物を受け取る人が不在だった事態は考えられます。こうした事態に、配慮しつつも会社設立のお祝いを贈るタイミングを計るといいでしょう。

会社設立のお祝いを贈る方のご都合を確認した上で、お祝いを贈った方が問題は発生しにくいでしょう。加えて、会社設立のお祝いを贈る時は、事前に六曜も確認しておくといいです。例えば、会社設立のお祝いを仏滅の日に贈って、相手に配慮が不足していると思われてしまう場合もあるかも知れないからです。

会社設立のお祝いのマナー・タブー

まず、会社設立のお祝いをする時には、先方の名称を間違えてしまうのはタブーなので、事前にしっかりとチェックを重ねておくのが大事です。特に元々他人の名前を間違える事が多いタイプの人は、このタブーを破ってしまわないように注意して下さい。

また、会社設立のお祝いでは、何でも贈ればいいわけではありません。会社設立のお祝いでは、縁起の良くない物・目上に贈ると失礼になる物・贈られた相手の嫌いな物・赤い色の物・スピリチュアル系の物は贈らない方が良いでしょう。縁起の良くない物の具体例としては、ハンカチ・菊・くしが挙げられます。目上の贈ると失礼な物は、カバン・靴下・時計・下着・ベルトなどです。

加えて、どうして会社設立のお祝いで、どうして赤色の物は贈らない方がいいのか不思議に思われるかも知れません。ただ、赤色は火事や赤字を思い起こさせたりするので、会社設立のお祝いには使用するのには向いていないのです。会社が設立した後に、赤字や火事になるのを喜ぶ人は滅多にいないと思います。

スピリチュアル系の物はどうして贈らない方がいいかと言うと、そうした系統の物を相手が信じていなかったり、好んでいなかったりすると、贈っても困らせてしまいかねないからです。自分が信じているからと言って、相手が信じているとは限らないのを忘れないようにしましょう。

【会社設立の祝いでは胡蝶蘭ではない物を贈る場合は有り得る】

別に会社設立のお祝いの品が胡蝶蘭ではなくてはいけないわけではありません。他の物が会社設立のお祝いで贈られる事態は有り得ます。胡蝶蘭以外の会社設立で贈られるような物の例としては、観葉植物・時計・甘い物・お酒などが挙げられます。会社設立のお祝いを贈る相手の好みも考えて、何を贈るかを選ぶといいでしょう。

胡蝶蘭を配送するときに参考にするサイト