コストを抑えて差をつける、胡蝶蘭ギフトの選び方

胡蝶蘭をギフトに送るのは、日本では伝統的な習慣でもあり、特に企業の新社屋への引っ越しや役員の就任等には最適です。上品かつ華やかで日持ちもよく、誰からも嫌われないところが魅力です。しかし問題は、あまりに多くの人に愛されて、あまりによく知られていることから、胡蝶蘭をギフトに送ると、先方でかぶり、新社屋の玄関が胡蝶蘭の鉢だらけという状態になることです。すると、胡蝶蘭は花の大きさ、本数、鉢の大きさがだいたい値段と比例しているので、たとえば二つの会社から届いた場合、どちらが高い胡蝶蘭をくれたのかというのが明白にわかってしまいます。会社中が胡蝶蘭だらけになったとしても、迷惑とかいやだと思う人はそれほどいないと思いますので、心配は不要です。しかし、グレードの差が明白になってしまうのはすこし避けたいところです。私は会社で何度も胡蝶蘭ギフトの手配してきました。お祝いの気持ちは誰よりも大きくても、予算がそうではない場合、自社の胡蝶蘭ギフトが目立って小さかった場合、あまり印象はよくないでしょう。どうしても、なあんだ、というイメージは持たれてしまいそうです。重ねてそんなときは会社の偉い人が先方にお祝いに訪問しますから、手配した自分にとってもあまり喜ばしくない状況になると考えました。

そこで、自分なりに考えて実施した対応策です。まず、胡蝶蘭の専門店からオーダーすることにしました。大手のフラワーショップでは、胡蝶蘭は非常に高価なものですが、インターネットを使えば、同じくらいのレベルでかなりリーズナブルな値段で注文することができます。ただし、安ければいいというわけではないので、ここは品質に保証ができる、蘭、できれば胡蝶蘭の専門店を選んでください。最初はあれこれ迷いますが、いいお店が見つかったらリピーターになると、いろいろ相談もできます。

そして、スタンダードな白い大きな花、ではなく、ピンクや斑入りの、少し変わったバージョンを選ぶようにしました。これでかぶらず目立っておしゃれ、を実現することができます。花は大輪ではなく、小ぶりのほうが本数も増やすことができます。思い切って小さめの鉢だけれど花はたくさんついているスタイルにすれば、床には置かれないので、他社の白の大輪が何本もついている巨大な鉢と並ばず、キャビネットに置かれ、逆におしゃれなギフトとして目立つことができます。会社の役員さんというものは、予算はケチっているくせに、花があからさまに安そうだと理不尽に怒りますが、小さくても目立っていると、異様に喜んでくれたりするものでした。

お花が好きな年配の方に胡蝶蘭を

胡蝶蘭は、とても贅沢なお花です。花が咲いている様は、背筋がピッと伸び、派手派手しい色ではないのですが、とても煌びやかな存在です。胡蝶蘭は、最初はあまり好きな花ではなかったのですが、眺めることが多くなった今、このなんとも言えない、美しい花に魅了されてしまっています。

私は、60代以上の女性への贈り物に困った時、そしてお花が好きなかたへ胡蝶蘭を贈るようにしています。胡蝶蘭を贈るというと、お店とか、舞台とか、お祝いごとに贈る感じもしますが、お礼の気持ちを贈りたいときにもいいお花だと私は考えているのです。

私は、仕事がらいろいろな方、特に60代以上の女性と知り合うことが多いのです。そしていろいろしていただいたお礼にと、胡蝶蘭を選ぶのです。なぜ、胡蝶蘭になったかというと、最初はお菓子だとか、可愛らしいタオルなど選んでいました。そして一度、かわいいピンクのバラのお花を贈ったことがあったのですが、可愛すぎてしまったのか、私に似合うと思って、バラにしたの?と聞かれたのです。はいそうですと答えましたが、その方はプライドも高く、私の家にはピンクは似合わないと言われてしまったのです。お花ってなんでもいいわけではないようなのです。お菓子も口に合わないと言ってくる方もいたりと、年配への贈り物は難しいと思いました。そんな時に、胡蝶蘭は憧れの花よって言ってくれて年配の方がいて、胡蝶蘭は、相手に対してそれなりの敬意を表しているお花になると思うのではと考えたのです。家の中に胡蝶蘭が咲いているということが嬉しいのかもしれないと考え、それから、送る相手の生活スタイル、性格をみながら贈るものを考えはしますが、困った時は胡蝶蘭を贈ります。

前回、かわいいピンクのバラを贈ったことのある、年配の女性に胡蝶蘭を贈ったのですが、予想以上に喜ばれて、なぜ私が胡蝶蘭好きなのわかったの?と質問され、それから家にあげてもらい、お茶をしながら、胡蝶蘭のお話しをずっとされていました。60代以上の女性にとって、胡蝶蘭は憧れのお花と考えているかたが多いようで、失礼がないお花なのかもしれません。そして、彼女はずっと胡蝶蘭の育てかただの、お花を咲かせるコツはこうなの、ああなのと楽しそうに説明してくれるのです。

違う女性にも、胡蝶蘭をお贈りしたとき、彼女もまた、私に胡蝶蘭をプレゼントしてくれるの高いでしょ?と聞きながらも、笑顔で次から次へと胡蝶蘭との思い出話しをしてくれるのです。

胡蝶蘭を話せる、話したいという生活の中でのステイタスのようなものも感じますが、私にとっては、素敵な贈り物になっています。

キャバ嬢には胡蝶蘭!

キャバ嬢への誕生日プレゼントに、スタンドか胡蝶蘭か?

どちらもひときわ豪華で美しく、迷ってしまいますね。

そもそもキャバ嬢にとって誕生日とは何を意味するのでしょうか?

(その誕生日が本当にそのキャバ嬢の本当の誕生日かどうかはさておき)

●誕生日にたくさんの常連の指名客が自分に会いに来てくれる

●お客さんからのプレゼント(胡蝶蘭などのお花)で店内が埋め尽くされる

●お誕生日プレゼントとしてドンペリなどの高級なお酒などのボトルがどんどんあく

こうなって初めて、そのキャバ嬢はお店のオーナー、ママ、同僚のキャバ嬢に自分の人気を誇示することができるという、非常に重要な日なのです。

もし反対に、お花の1つも届かない、お客さんも全然来ない・・こんな事態になれば、もはやこのキャバ嬢はキャバ嬢として終わっています。

お店での存在意義を失うことは間違いありません。

大切に思っているキャバ嬢をこんな悲惨な目に遭わせないためにも、もし当日お店に行けなくてボトルを空けることができなかったとしても、お花だけは贈りましょう!

後日行ける時に直接渡したい。

そう思う気持ちも理解できるのですが、キャバ嬢の誕生日は、その他一般的な職業の女性の誕生日とは意味も重要性も異なるのです。

誕生日当日でなくては意味がありません。

必ずその日に配送するように手配しましょう!

そんな時のお花ですが、様々な理由からスタンドよりも胡蝶蘭がイチオシです☆

スタンドも胡蝶蘭もキャバ嬢への誕生日プレゼントには定番ですが、場所を取るスタンドは店先に飾られてしまうこともあり、必ず店内に置かれる胡蝶蘭の方が存在感があります。

また、胡蝶蘭の学名はPhalaenopsis aphroditeと言うのですが、 aphroditeはギリシャ神話に出てくるの愛と美の女神アフロディテ(ヴィーナス)から来ています!

さらに、胡蝶蘭の名前の由来は、胡蝶蘭独特の花の咲き方が『蝶が舞うように美しいから』!

その花言葉は、

・あなたを愛します

・幸福が飛んでくる

他にも、

・愛情

・美しさ

・高級

・上品

・優雅

という意味もあります。

まさに、美しく上品に、蝶のように店内をヒラヒラと飛び、女神のようにお客様に愛情を与えることを使命とするキャバ嬢にピッタリの花ではないでしょうか?

そして、胡蝶蘭は意外と花の寿命が長い(平均1-2カ月)のです。

(スタンドの場合は切花で作成しているためため、1週間程度)

そして、管理が楽!

水やりは1週間から10日に1回程でよく、特別な温度管理も必要ありません。

管理や栽培が難しいと、プレゼントされても迷惑になりかねません。

(例えば蘭の女王とも名高いカトレヤは熱帯・亜熱帯に生息するため、日本では温度管理が必須ですし、与える水も水道水ではいけません。温度調節した塩素を含まない水で水やりします。)

このことも、長く活躍してほしい・・という意味を込めて、お気に入りのキャバ嬢に贈るのに最適な花だと言えます。

手入れが簡単なことも、忙しいキャバ嬢にはピッタリですね!

プレゼントする胡蝶蘭は見た目(見栄え)が何より大事なので、1本ではではなく、最低3本!

できれば5本をオススメします☆